プライベートチャット

チームワークを大事にするコミュニケーションツール

プライベートチャットの構築とは クラウドサーバーを立てて、オープンソースのチャットシステム「Mattermost」を構築します。このことでお客様独自のチャットシステムとして利用可能で、データも自社から外には出ません。複数の人と共用して使用するサービスではなく、自社で運営できるプライベートクラウドでのチャットの利用ができるため、他の人からの影響がなく安心して使用できます。 クラウドサーバーは、自由に構築することができるためセキュリティや連携サービスも設定することができます。

チャットを利用する上での効果

メールのように文字としてエビデンスを残すことができ、電話のようにレスポンスが早いため、意思決定の迅速化が図れます。
会議の際も、事前の資料共有することによって会議時間の大幅な短縮にもなりますし、ビデオチャットを使用すれば移動時間や場所の手配などの手間も省くことができ、顧客対応の質の向上にもつながります。
また、チャットではメッセージのやり取りをチャット画面で行うため、相手とのやり取り履歴が常に表示されたままなので、コミュニケーションがとりやすくなっており、業務時間の短縮にもつながります。
他に、個人でのメッセージのやり取り以外にも、複数人所属しているグループチャットでチームの情報共有や、突然の予定変更も簡単にコミュニケーションが取れるといったメリットがあります。
グループチャットを使用すれば、一気にメンバーに通知することができるため、業務連絡を一人ひとりに連絡する必要もありません。

 

メールとチャットの違い

そもそも、メールは「○○さん、お疲れ様です」や「お世話になります」等の定型文の使用や件名を入れなければならないため、やり取りをするのに時間を費やし、送受信がリアルタイムではないため、レスポンスが遅くなってしまいます。
反対に、チャットは決まった定型文もありませんし、リアルタイムでのやり取りが可能なため迅速な対応ができます。
専用のアプリをスマートフォンに入れていれば時間や場所を選ばずに気軽にコミュニケーションを取ることができます。
メールだと一通ごとに相手のメッセージを確認したり文章の作成を行う手間が掛かりますが、チャット機能ではその手間を大幅に省く事が出来ます。

 

プライベートチャットの構築とは

クラウドサーバーを立てて、オープンソースのチャットシステム「Mattermost」を構築します。
このことでお客様独自のチャットシステムとして利用可能で、データも自社から外には出ません。
複数の人と共用して使用するサービスではなく、自社で運営できるプライベートクラウドでのチャットの利用ができるため、他の人からの影響がなく安心して使用できます。
クラウドサーバーは、自由に構築することができるためセキュリティや連携サービスも設定することができます。

 

Mattermostとは

Mattermost(マターモスト)とは、オープンソースで公開されているSlack風のコミュニケーションツールです。
「コンプライアンスに対応しやすいSlack風チャットツール」として人気が高まっています。
チームワークを大事にし、情報を簡単に共有することができます。
併せて、コンプライアンスを意識した設計になっており、開発元は『規制上のセキュリティを意識した組織が絶えず変化するコンプライアンスニーズを満たすのを支援するエンタープライズメッセージングワークスペース』としています。

 

Mattermostの特徴

・Slack代替ツール
Mattermostは『Slack-compatible, not Slack-limited(Slackを超えるSlack互換)』『セルフホスティング式のSlack代替』を標榜するなど、Slackを強く意識しています。
Slackの機能をほぼすべて備えており、Slackと一部互換性のあるWebフック機能を提供しています。
さらに、「Markdown記法」「ハッシュタグ」などの独自機能を取り入れるなど挑戦的な開発が行われています。
Slackからの移行機能として「ユーザー/チャット履歴/設定などをインポートする機能」も備えています。
そのため、すでにSlackを利用している場合でも、比較的容易に移行できるようになっています。

Mattermostの機能

メッセージ対象

ダイレクトメッセージ1対1でやり取りができる公開チャンネルチームに所属しているメンバー全員が参加できるグループチャット非公開チャンネル招待されたメンバーのみが参加できるグループチャット
招待されていないメンバーはチャンネル名も確認できない

メッセージ機能

メンション「@」をつけることで、対象のメンバー、チャンネル宛の投稿が可能リプライ返信機能。メッセージだけでなく、絵文字を使用したリアクションも可能ファイルを添付テキストやExcel等のファイルの添付が簡単に行える
添付の最大容量は設定で変更可能絵文字既存の絵文字だけでなく、自身で画像を取り込んでカスタム絵文字を使用することが可能発言への編集誤って投稿した発言を編集もしくは削除することができるMarkdown記法「イタリック(斜体)」「ボールド(太字)」等もプレビューを見ながら投稿が可能スラッシュコマンド「/(スラッシュ)」を入力すると、使用できるコマンドが表示される

その他機能

ファイル共有ファイルや、画像のアップロードが簡単にできるアーカイブデータを長期保存することができる検索機能文章、単語の検索が簡単にできる
「*」で囲むことにより、部分一致での検索も可能デスクトップ通知他の作業を行っていてもデスクトップに通知が届くため、すぐに確認することができる
(Web Notifications API)

Webhook統合 botや、外部との統合機能が利用できる

セキュリティについて

Mattermost LDAPシングルサインオン(GitLabと組み合わせて利用可能)
SSL
TLS
サーバーセキュリティ アンチウイルス
不正ログ
ファイアウォール
パケットフィルタリング
その他各企業のセキュリティポリシーに従ったサーバーセキュリティ対策

同様の機能を持つ製品

Mattermostと同様の機能を提供するチャットツールとして、次のようなものがあります。
・Slack
・Rocket.Chat
・Chatwork
・knowledge    etc…

動作環境

デスクトップアプリ ・Mac:OS 10
・Windows:Windows 7、Windows 8、Edge 40+(またはEdgeHTML v15 +)を搭載したWindows 10
・Linux:Arch 4.0.0
モバイルアプリ ・iOS:iPhone 4以降(iOS 9以降)
・Android:5+搭載のAndroid端末
Web ブラウザ ・Internet Explorer:IE 11 *
・Google Chrome:Chrome 43+
・Microsoft Edge:Edge 40+(またはEdgeHTML v15 +)
・Firefox:Firefox 52+
・Safari:Safari 9
・Linux:Arch 4.0.0* IE 11互換性はサポートされていません。

内部構成

実装言語 Go言語
データベース 「MySQL」or「MariaDB」or「PostgreSQL」

サービスカタログ

プライベートチャット構築サービス

サービス概要
組織のコミュニケーション基盤(プライベートチャットシステム)の提供
含まれる
・チャットサーバー(仮想)
・チャット、メールによるサポート
含まれない
・サーバー料金
・ユーザー登録などの初期データ設定作業
・オンサイトサポート
オプション(準備中)
・外部システムとの接続
 -Web会議システム連動(Zoom)
 -ファイルの格納先変更(AWS_S3)
価格
¥240,000-/1サーバー/構築費用、初年度年間サポート(2年目からは任意契約:年間120,000-)
標準サポート
チャット/メールによるサポート(コールバックによる電話サポートあり)
提供範囲
チャットサーバーの提供及び利用サポート
特記事項
プライベートなサーバーに、チームワークコミュニケーションツール(プライベートチャット)を構築しご提供致します。
費用にはサーバー及びサーバーサポート(サーバー監視システムの利用及びチャットもしくはメールによる問い合わせサポート)が含まれています。
・外部システムとの接続
-Web会議システム連動(Zoom)
-ファイルの格納先変更(AWS_S3)
について、設定は標準サポートに含まれますが、それぞれのシステム(Zoom/AWS_S3)の利用料はお客様の負担となります。
評価

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせいただけます。
各事項にご入力いただき、最後に「送信」ボタンをクリックしてください。

PAGE TOP